12月 2, 2018

「海浜くらしの研究所」Vol.5 ナガオカケンメイさん(前編)

Vol.5 ナガオカケンメイさん_img01

「変わらない」モノと「変わる」モノを組み合わせるのがオシャレ。
流行が生み出すモノに踊らされない方がいい。
「海浜くらしの研究所」Vol.5 ナガオカ・ケンメイさん


さまざまなジャンルで活躍するライフデザインの達人たちを迎えて、どんなくらしが自分を楽しく、豊かにしてくれるのかを研究する「海浜くらしの研究所」。
その第5回目のゲストは、ナガオカ・ケンメイさん。「ロングライフデザイン」をテーマに47都道府県に1か所ずつ拠点をつくる「D&DEPARTMENT PROJECT」の創設者であり、デザイン活動家としても活躍されるナガオカさんに、そのお仕事の内容や、海浜くらしについても、お話しいただきました。


「デザイン活動家」として、その土地の個性を応援

「デザイン活動家」って名乗っている人はいないんですね。僕は建築家が好きで、建築家と建築士の違いとかを考えていて、活動しながら建築の仕事をしている人たちが建築家で、建築の仕事だけをしている人が建築士だとしたら、デザイナーも同じじゃないかなと。みんな活動しているんですが、ただ仕事だけをしている人もいるので。そこを自分のために意識分けしようかなというのが(この名称の)始まりでした。

Vol.5 ナガオカケンメイさん_img02

カタカナの名前ですか? これは小学校3年生のときからずっとカタカナなんです。(本名の)漢字がね、すごい漢字なんですよ、ケンメイってほんとに「賢い、明るい」って書くんで、それを初めて小学校3年生のときに知って。そこから恥ずかしくてカタカナにしてきたのをずっと貫いています。僕は大学に行っていないんで、小学校、中学校、高校と、テストの名前の欄にまずペケを打たれていました(笑)。
(47都道府県に1か所ずつ拠点を作りながら、物販や飲食、出版、観光などを通して、47の個性とその土地らしいデザインを見直し、全国に向けて紹介する『D&DEPARTMENT PROJECT』のきっかけは)例えばどこで降りても同じような風景で、どこに来たのか分からなくなる、みたいなことって皆さんも経験あると思うんですが、人で賑わうためにヒットした街の要素を真似したりするので街が似てくるわけです。そこで、その土地らしいものを応援しないといけないなと思って始めました。

いまは国内9店舗、海外2店舗ですね。海外は韓国のソウルと、中国の山奥にある黄山市(こうざんし)の碧山村(へきさんむら)っていう、日本を朝発つと真夜中に着くという所です。僕の活動は自分が積極的に直営で出していくというより、(後で述べる)「ロングライフデザイン」活動に関心があって、僕の「D&DEPARTMENT PROJECT」って屋号を一緒に名乗りながら「やりたい」って手を挙げた人たちと一緒にやってるんですね。そこで、その山奥から手が挙がったんです。



一生使い続ける「ロングライフデザイン」というコンセプト

自分がデザイナーなので、デザイナーは新しいモノをどんどん作り出す職業と思われがちなところがまず一つ嫌だったんです。「直して使い続けよう」みたいなモノをデザインするのもデザイナーの役目だから、あえて作るデザイナーじゃなくて、作らないデザイナーっていう方向を自分で突き進もうと。日本のデザイン業界には「ロングライフデザイン」っていう言葉が昔からあったので、そのジャンルをもっと個人的にも盛り上げようと思ったのです。
「一生使い続けられるかどうか」という視点でモノを買った方が結果的に豊かではないかと。最新のモノは流行が生み出しているので、(そんな風に)自分の力じゃないものに踊らされない方がいいんじゃないかと思っています。

Vol.5 ナガオカケンメイさん_img03

ジョージさんもそうですけど、定番のジーンズに最新のジャケットを着こなすように「変わらない」と「変わる」をうまく組み合わせる人のことをオシャレって言うんだと思う。最新と最新だけを採り入れると、一見オシャレなように見えますが、そうじゃなくて、変わらない自分たちの原点と変わり続ける最新を組み合わせることがいいんじゃないかと思って。これは国にも街にも会社にもあてはまる話だと思うんですね。



故郷の北海道に似た沖縄の海が好き

(静岡、東京にも住まいがあるのですが)沖縄に部屋を借りて住んでいるので、海と言えば沖縄です。僕、北海道生まれなんですけど、すごく似てるなと思って。例えば沖縄は琉球王国があって、北海道にもアイヌ文化があって、そこで困りながらも共存していく感じを、うまく言えませんけども大切にしないといけないと思いますね。
沖縄の部屋からは海が見えますが、目の前に海があるというよりは、普通のアパートの3階で高台にあるんです。もともと部屋の目の前が基地で、その基地が返還されて眺めが戻ってきたらしい。海は好きですよ、眺めるのは。たまには海に入りますけど、サーフィンとかしたいですよ、ほんとに。教えてください。

View this post on Instagram

@naka.azkがシェアした投稿

ジョージ:
「ロングライフデザイン」って、僕、新しい(サーフィンの)板もう20年くらい買ったことないもの。シャツと同じでボロボロになって使えなくなるまで乗っちゃうのね。

ナガオカ:
自分で手入れするんですね。

ジョージ:
自分で手入れすると割とうまくいかないんだよね。

ナガオカ:
自分で手入れするって言ってくださいよ。

麻耶:
急に人頼みになるという。



Vol.5 ナガオカケンメイさん_img04

(12月7日(金)から3月4日(月)まで『ロングライフデザイン』をテーマにした展覧会『LONG LIFE DESIGN 1 〜47都道府県の健やかなデザイン展〜』が渋谷の『ヒカリエ』で行われるが)僕の拠点が「ヒカリエ」っていうビルの8階にありまして。「47ミュージアム」という47を毎回テーマにしている、ちょっと変った日本初のデザイン物産ミュージアムなんですけど、そこの今回のテーマが「ロングライフデザイン」。僕の活動のテーマでもあるので、力を入れてやっています。